エアバスの納入機数が過去最多を更新しました

2019年1年間のエアバスとボーイングの航空機納入数が、1,243機となりました。前年と比較して22.6%少ない水準です。これは、ボーイング最大の売れ筋である737MAXが、トラブル対策のため、2019年3月より納入停止となったことが大きく影響したものです。 一方で、この影響を除いた納入数(737及び737MAXを除いた場合)では、前年比8.8%の増加となり、過去最大水準の伸びを記録しました。また、エアバスの納入数863機は過去最多になります。引き続き航空機市場が堅調であることが示されました。...
航空エンジン産業に参入を果たしました

航空エンジン産業に参入を果たしました

エヌブリッジが支援する北菱、国内重工から航空エンジン部品を初受注 建機業界からの航空エンジン部品産業への新規参入を達成 株式会社エヌブリッジ(名古屋市、上田晋作社長)が提供する「航空エンジン参入挑戦プログラム」に参画している株式会社北菱(小松市、谷口直樹社長)が、国内大手重工より航空エンジン部品のサプライヤーに認定され、部品供給の契約を開始しました。これにより、エヌブリッジは2015年6月の創業以来、主力事業として手掛ける「異分野からの航空エンジン産業への参入企業育成」に初めて成功しました。 航空エンジン部品を受注したのは、...